Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
Tomorrow's Song Index 2007 -総集編-
トゥモロウズ・ソング・アーカイヴ、最終日。

2007年の全エントリをアーティスト名のAtoZで並べました。そう、これがやりたかったの!全部並べてみると、思ったよりも節操がある、ん、じゃないかな…。たぶん。

当初のコンセプト「1日1曲 via iTS」というよりは「日刊あれこれオンガクコラム」になりつつあるので、タイトルは曲名だったりアルバム名だったり勝手につけたものになってます。ま、自分たちの作った枠に縛られる事もないので、まあまあ。大掃除の合間に、おせちの煮込み待ちのおともにぜひどうぞ。

続きを読む >>
| exhivision | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
what`s the time summer of love? / Sugiurumn


Sugiurumn / What`s The Time Summer Of Love?


まず何にも先んじて、曲の長さについて触れなければならない。
僕は最初このアルバムをiTSで購入したのだが、DJ用にいざCD-Rに焼こうとしたら「一枚のディスクには収まりません」ときた。アホか。

まぁダンス・ミュージックのレコードといえば、普通は曲単位の12インチリリースが基本だし、ミックスしやすいようにイントロとアウトロはキックの4分音符が続くことが多いから、尺が長くなるのは仕方ない。しかしダンス畑のアーティストでも、アルバムやラジオOA用に短くエディットしたヴァージョンを作ることはそう珍しくないことだし、もうじきリリースされるシミアン・モバイル・ディスコ(SMD)の1stアルバムは、トータル40分にも満たないという。奇しくもSMDもスギウラムも、ロックバンドから自分のキャリアをスタートしているが、この2組のアルバムに対するアプローチは、実に対照的だ。

SMDは、自身がプロディースも手がけているクラクソンズやアークティック・モンキーズのように、3分間のポップ・ソングという形の中に、先鋭的な音とリズムを圧縮してしてぶち込んでいる。
一方のスギウラムは、あくまでハウス・ミュージックというスタイルのまま、ベッドルームやiPodをそのままダンス・フロアの空気に染めようとしているのだ。
このトラックの長さは、「ロックの人間が片手間でハウスをやってるとは思われたくない」というオブセッションを抱え、流行りのロック的展開のダンス・トラックに安易に走ることを自ら禁じ手とし、
自らの道を求め続けた結果、2年以上前に作った曲がヨーロッパでスマッシュ・ヒットするという、まさに「周回遅れのトップランナー」となったスギウラムの、誇りと男気の結晶以外の何者でもない。

クリエイションの総帥・アランマッギーやシャーラタンズのティム・バージェスらの参加は確かにニュースだが、それはこのアルバムの本質ではない。
かつて自身のバンドのベスト盤に「ワースト・バンド・イン・ザ・ワールド」と名付けた男が、青の時代の憧れ達を自信を持って迎え放つ、今、ここで鳴るべきダンス・ミュージックの傑作。
| cross review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
what`s the time summer of love? / Sugiurumn


Sugiuramn / Live For Tonight

まず私は、彼に謝らなければならない。実に8年もの間、彼がいちばん抵抗していた「ロックをやっていた人がハウスもやってるらしい」というイメージだけで、彼の音楽に触れなかった事を謝らなければ。

言い訳をするなら、彼がSugiuramnとしてのキャリアをスタートさせた99年はちょうど私が下北沢で遊びはじめた頃。直接の面識があったわけではないけれど、友達が一緒に仕事をしていたり、深夜の居酒屋でふたつ離れたテーブルに座っていたり、Disc Unionでレコードを掘っているのを見かけたりしていた。だからどうしても「バンドマン・杉浦」というイメージが拭えずに、「あのイビザでプレイ!」と聞いてもピンとこないままだったのだ。99年リリースの"Life Is Serius But Art Is Fun"は当時とてもよく聴いていたのだけど、今改めて聴くとダンス・ミュージックというよりは「バンドマンが楽器を持ち替えて作ってみた」ように聴こえる。

その後もずっとギターロック好きのまま過ごしてきた私にとって、深夜のクラブでいかにもハウスらしい四つ打ちのトラックから、空へと抜けるような澄んだギターが聴こえてきた時の驚きといったら。直後に「これ、スギウラム、ボーカルはシャーラタンズのティム」と囁かれた時の衝撃といったら。ご想像頂けるだろうか?

"Live For Tonight" はこのアルバムの最後を飾る、とてもシンプルで力強い高揚感を持ったトラック。Aメロ-サビ-Aメロ、という歌モノの構造を持っていて、サビには素直なコーラスだって入る。もし私がロックバンドをやっていたら、「これ、カバーしようぜ!」と言い出しかねない。アウトロのギターソロを悦に入って弾き倒すだろう(ギター弾けないけど)。

だけど、これはれっきとしたハウス・ミュージックで、ヘッドホンでもフロアでも、私はこの曲で心地よく踊る。UKロックのヒーロー、聞き慣れたギターの音色、裏打ちのハイハット。ロックの気配があちこちに見え隠れするこの曲で、ダンス・トラック・メイカーとしてのSugiuramnに再会できた事を心から喜びたい。
| cross review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED