キャリアの長いバンドのライヴに出かけて「あの曲やらなかった、これもそれも」なんていうのはあんまりカッコいいことじゃない。でも、多くの場合それは「自分の思い入れ深い古い楽曲がすでに新しい曲に置き換えられている」状態を示すのだけど。まさか逆のパターンでもんやりとするとは思わなかった。ASH、来日公演の二日目である恵比寿LIQUID ROOMに行ってまいりました。

「もんやりした」と言いつつ、ライヴそのものはほんとうにエネルギッシュで素晴らしいステージだった。直前になってサポート・ギタリストのラッたん(カワイコちゃん枠)が体調不良によりキャンセルというショックな出来事もあったけれど、もみくちゃにされて拳振り上げて、アニキたちにおもいっきり遊んでもらったような充実感でいっぱい。

最終的には運良くティム前3列目にまで滑り込んで、前方にいるのがすべて身長150cm台の女子だったので、彼のギターのバカテクっぷりを満喫できたのもまた嬉しい。珍しくフライングVじゃなかった。白いSGとゴールド(ゴールド!)のセミアコ。いろいろ細部を思い出すに、True Love1980で照明がずっとピンクだったのがいちばん記憶に鮮やかだ。ティムの目って照明越しに見ると綺麗な緑色なのなー、とじっと顔見てたらサビんとこで目があって微笑まれた!(とか言わせて、今夜くらいは)

つまりはAtoZを聴きまくっていたこの週末で「あれも聴きたいこの曲もやってほしいなリリースされたばっかりなんだから!」という思いが高まりすぎただけなんです、個人的に。だってあんなええカッコしいのフィナーレを飾った曲は聴きたいじゃない。つま弾くリフが4小節で爆発するような曲も聴きたいじゃない。前回ツアーであれほど盛り上がった"I Stared A Fire"だって聴きたかった!(わがままをこじらせています)

「アンセムばっかりやりやがって…」と毒づくふりをしつつやっぱりとても嬉しい曲達。何百、いや千を越えるだろう回数演奏しているはずの "Girl From Mars" や "Burn Baby Burn" のイントロを、どうして彼らはあんなに得意げな顔して奏でて、そしてそれがあんなに瑞々しく響くのか考えてみたりもする。きっと彼らにとっては、できたてほやほやの楽曲も、長くオーディエンスに愛されてきた曲もぜんぶ並列に愛おしいんだろう。手元にある「1997」に収録された "Girl From Mars" を聴いて、その声の幼さにニヤリとしながらそんな事を思った次第。

いまいちばんの心配は、明日の朝ベッドから起き上がれるかという一点のみ。どうも我を忘れてしまっていかん…。
Arcadia / Girl From Mars / Embers / A Life Less Ordinary / Goldfinger / A True Love 1980 / Walking Barefoot / Shining Light / Sky Burial / Oh Yeah / Kung Fu / Carnal Love / Orpheus / Return of White Rabbit
encore: Lose Control / Unlce Pat / Kamakura / Burn Baby Burn

追伸:
実はAtoZの楽曲を演るたびに、先般のAtoZドラフト会議のこと思い出してニヤニヤしてた。ASHへの思いの丈を満載したこちらもあわせてどうぞ。
ICHIBAN-BABY-BURN http://www.exhivision.net/ASH

さ、先日より来日公演がはじまっている我らがアニキことASHですが、AtoZシリーズ完結とこの度の来日公演を祝し、あつくるしい特集をまとめました。その名も「イチバーン・ベイビー・バーン!」…こう言った事を恥ずかしげもなくやるのがわたくしどもエキシヴィジョンのいいところです。ええと、そこ、失笑すんな!



http://www.exhivision.net/ASH


これまで書きためてきたASH関連の記事、イワホリが一年書きつづけてきたAtoZ全曲レビューをまとめつつ、敬愛するインディメディアのWONDERKINDより、J氏をゲストにお迎えしての「AtoZ全26曲争奪ドラフト会議」まで。とびっきりの愛情と思い入れがつまった企画です。どうぞごらんください。

と、熱を高めまくってわたくし今夜はリキッドルームへ向かいます。「なにそれ?生まれ年?」とか言われてばかりの"1997"Tシャツが本領を発揮するぜ。急病につきカワイコちゃん枠のラったんがいないのは残念だけど、やんちゃ坊主3ピースの神髄を拝んでくる。モッシュピットでぐったりしてたら助けてください!

「とんでもない恋をしてしまった」

あるタイミングを境に、すべての風景が変わってしまうことがある。「今までの時間はいったいなんだったんだ?」と頭を抱えてしまうほどの、ほんの些細なきっかけで。それはきっと機が熟すのを待っていた結果なんだろう。待ってたことにさえ、気づかなくても。

イワホリの手になる深夜のラブレターみたいなエントリを読んで、彼らをそれと意識して初めて聴いたのが9:00。フリーDLキャンペーンに乗って "watching you" の音源が届いたのが12:00過ぎ。仕事中もずっと頭から離れないので新宿MARZに行くことにして、20:30には鼻先1mで彼らが歌ってた。ホリが彼らに再会した"LOST&FOUND"の曲を初めから全部と、ホリが彼らに出会うきっかけになった"オレンジ"までぜんぶ。22:30には既発のCD全部握りしめて「またライヴ来ます!」ってメンバー各氏にごあいさつした。なんだろうこのめくるめく展開。

CINRAの連載は、長くインディバンド界隈にいる身としてはあまりに正直で辛い。あらゆるバンドがこの手の葛藤に苦しみ、それでも音楽に焦がれ離れられずにいるのを知っているから。でも、それは決して「バンドの外」に向けて吐露されるべきものではなかったはずだ。それをあえて晒して見せる強さを得た彼らは、いったいどんな顔をして板の上に立つのだろう。それが見たかったというのも、ライヴに足を運んだ理由のひとつ。

ああ、とにかく、圧倒的な説得力を持つライヴだった。しっかりと腰の据わったリズム隊に、華やかでありトリッキーでもあるキーボード、そして体全体を鳴らして放たれる声の奔放さといったら。ナカノ氏、ステージ上では基本的に口角があがりっぱなし。あんた連載の中であんなに苦しんでたじゃねーかと言ってやりたいくらいに、跳ねて、踊って、煽って、ステージを自由に駆け回ってる。あんなに始終楽しそうな顔してうたう人はそうそういない。こっちもつられてほおがゆるむくらいの。研ぎ澄まされた言葉づかいが時々ざっくり胸に突き刺さったりしたけど、それも魅力のひとつ(ほとんど初めて聞く曲だったにも関わらず、ね)。

ラスト前のインタールードで、どこまでが準備された言葉かわからない、絞り出すような独白があった。ひとに優しくしたつもりが傷つけてしまう、無邪気に求めて傷ついてまた求めて、なんどもそれを繰り返してしまう。それでも、音楽だけがそれに応えてくれて、わがままを言える場所はここだけだった、と。…ああ、ホントどこまで正直者なのですか、あなたは。そして真っ白な轟音に「おやすみ」と繰り返す声が溶け、本編が終わる。なんて美しい。

思えば下北沢近辺を根城にして、もう10年活動しているバンドを知らなかったという事じたい不思議なのだ。彼らがスペシャルサンクスに挙げてるバンドはよく知ったものばかりだし、あまつさえ自分企画のイベントに出てもらったバンドさえいるのに!ずいぶん遠回りしたけれど、迷いの森を抜けた今のタイミングで出会えてよかった。「おかえり」なんて言えた義理はないけれど、どうかこれからをご一緒させてください。

イベントのオープニングを飾った、同名曲を。

PaperBagLunchboxというバンドの"オレンジ"という曲が、とても好きだった。あれは確か2006年。だから、このブログのアーカイヴを見ても見当たらない。確か当時「フィッシュマンズとシガー・ロスのミッシングリンク」みたいなうたい文句で、その辺りの音が好きなリスナーからは凄い支持を受けていたように覚えている。モグワイあたりの轟音ギターバンドと見間違、、、聴き間違えるようなキーボードによるウォール・オブ・サウンド、シャープなドラムと粘っこくも揺れるベースラインの対比が印象的なリズム、そして、それこそ佐藤伸二を思い出させる、独特の浮遊感を持った声。1st「ベッドフォンタウン」は、その名の通りベッドルームと街をヘッドフォンで繋いでくれるアルバムだった。


しかしながら傑作1stをリリースした後、音源リリースは一切なし。自分にとって彼等の存在は2006年のその時の印象のまま止まってしまっていた。いつの間にか5年の歳月が過ぎ、新宿MARZのライブスケジュールで彼等の名前を発見し、あ、まだ活動していたんだ!と近況を見るべく検索窓を覗いたところ、以下の記事に出会ったのだった。読んだ事が無い方は、是非リンクに飛んで読んでみて。そのまま帰ってこなくていいから、ベランダに出て空を眺めるなり、ベッドにくるまって毛布を抱きしめるなり。


CINRA.NET連載『音楽を、やめた人、続けた人』


PBL空白の5年間。たまに思い返しては"オレンジ"を聴く程度のライトリスナーだった自分などは、この連載(まだ続くようです)を読んでも何も言う資格はないかもしれない。ただ、本当にこのタイミングで再会できたこと、そして彼等が新しい音源を再び聴かせてくれる事が、本当に嬉しい。しかも、この5年分の空白を一気に塗りつぶすかの如く、非常に精力的に再スタートを切っている。
現在バンドは「失われたセカンド・アルバム」に「Lost & Found」というまさしくそのものなタイトルを冠して、ライヴ会場とウェブサイト限定で発売(こちらも後日レビューします)。そして1月には、完全なる新作アルバムとして、3rdアルバムが発売されるという。
そしてそのアルバムから、"Watching You"がフリー・ダウンロードで入手することができる。入手方法も独特で、バンドの公式ツイッターアカウントをフォローすれば、ototoyのDL用パスコードを返信してもらえるというもの。ホント、バンドとして新しい音を携えて活動できる事を楽しんでいるんだろうな。"Somebody Watchin' You / 誰か僕を知らんかね" - ずっと見てたよ、って言ったら嘘になるけど、でもこうしてまた会えて、本当に嬉しい。





PBLofficial on twitter

http://www.pbl.jp/



「臍を噛む」という用例以外に「ほぞ」という言葉を目にするとは思わなかった。しかも、アルバムタイトルで。

名古屋を中心に活動するClimb The Mindの2ndフルアルバム。ジャケットに呼びとめられたような気がして、聴いてみたら大正解。初めて聴くのにどこかなつかしい気持ちになる不思議(あの曲に似てる、とかそういう意味ではなく)。肩ひじ張ったところもなく、とてもフォーキーだけど、時折押さえきれない想いがあふれてしまう言葉とサウンドにグッとくる。なんでいくつになってもこういうバンドが好きになっちゃうのかなあ。ライヴ、見てみたい。

淡々とつづられる変哲のない言葉の積み重ねに、なぜかはっとさせられる。いざブックレットを見てみたら、驚いたというか、納得したというか。確かにこのようにして読まれてもあまり違和感がない。

■Climb The Mind official site

Climb The Mind | Myspace Music Videos

先日、新編成となってはじめてのワンマンライヴを終えたジェッジジョンソン、エレクトロ色全開のリミックスがフリーダウンロードできるようになっています。いまのところ三曲ですが、今後は廃盤となった作品のリビルド版も提供されるとのこと。ワンマンでCD-Rが無料配布された "マーヴェラス・チアー(Rebuild)"も、当月中にはダウンロード公開されるそう。

Latest tracks by JETZEJOHNSON

週末の新旧織り交ぜたワンマンライヴは大盛況、素晴らしいライヴでした。サポート各氏には三者三様のうまさと個性があるし(最近ジュンのはっちゃけぶりがすごい。ドラムってあんなに前に出るぱーとだっけか)、ライヴを重ねることによって「サポートメンバの集まり」から「ひとまとまりのバンド」になりつつある。

ただひとつ苦言を呈するなら、今のサポートメンバーがあまりにも「いいロックバンド」たらんとしていること。藤戸氏ひとりになって活動形態が自由になったせいなのだろうけど。ロックとエレクトロを分かつ境界線上を全力で走り抜ける、希有なバランス感覚をもつステージがわたくしがジェッジを愛する一番の理由だったから。この変化は正直なところ、少し寂しい。あの"Dancetek"でさえ、同期モノの印象が薄くなってバンド然としたサウンドに変わってきてる。

今回公開されたトラックが素晴らしいのは言うまでもないのだけど、「ひとりでエレクトロ、バンドでロック」っていうんなら、それはちょっともったいないぜ、藤戸さん。頼むよ。



先日、台風を吹き飛ばして開催されたminamo music jamboree 2010 で出会った、ちょう素敵な祭囃子バンド。篠笛の音色に心騒ぎ、祭太鼓のリズムに勝手に体が動き出す。意味もわからずお囃子に合わせて声を上げる。いやほんとにびっくりした。

日本古来の音楽を取り入れたバンドといえば、どうしたってソウルフラワーユニオンが思いおこされるけど、個人的にはこちらのほうがもっと近しくてなじみ深い(それはわたしが彼らと同じ東北の出だからかもしれないな)。民謡的なこぶしのグッと効いたVo.齋藤氏の声がまたすばらしい。今年のFRF、ROOKIE A GOGOにも出演していたそうで。

単独での音源はまだ出てないのかな。オリジナルもすごく素敵だったのだけど、先日のライヴでラストを飾った「リンゴ追分」を。途中に秋田弁での語りが入るのがたいへんに印象的。

■ アラゲホンジ official website



「ベン・フォールズ×ニック・ホーンビィ、ストリングスアレンジはポール・バックマスター」て。帯がわりのステッカーだけで号泣だっつうの。

「ハイ・フィデリティ」の音楽バカっぷりに号泣したひとは?「アバウト・ア・ボーイ」のヒュー・グラントにキュンとしたひとは?「ぼくのプレミアライフ」のコリン・ファースはいつもどおり地味だけどステキよね、と思ったひとは?(ぜんぶわたしです)

こんな愛すべき物語の書き手、ニック・ホーンビィから断片的に届く歌詞を、ベン・フォールズが曲にして歌ってアルバムにする。こんなすてきなアイデアがディナーの最中に生まれたなんて素晴らしすぎるわ。弾むピアノにちょっと切なげなメロディが乗るいつものベン節全開ながらも、ストリングスが多用されたアレンジは優しくあたたかい。

そうそう、デラックスエディションにはホーンビィの手による短編小説が4編収録されています。勢いよく買ったはいいものの…(沈黙)ええと、誰か、ちょっと気の利いた日本語訳してくれないかしら…。

この作品のプロモーション用インタビュー映像がとてもすてき。お互いを表現者として尊敬しあってるのがよくわかる、いい雰囲気。言われてみればホーンビィは、音楽にまつわるエッセイ集である「ソングブック」の中で"smoke"の事を絶賛してたのだった。

■iTS:LONELY AVENUE / Ben Folds&Nick Hornby

だからひととき ほんのひととき
そうさひととき ほんの少し!

さ、初心に帰ってあなたの明日に捧げる一曲を。ポール・ウェラーが世界のモッドファーザーだとしたら、日本でその位置に立つのは間違いなく彼。御年50歳を数える、加藤ひさしフロムTHE COLLECTORS!そして、彼の幅広く長いキャリアの中でいちばん大事に歌いつづけているのは、間違いなくこの曲。

Cruyff in the Bedroomのハタユウスケ氏は、たいせつなパーティのクロージングに必ずこの曲をかける。最後の音が鳴り止み客電が煌々とついて、ステージ上では撤収作業が始まって、誰もが両手いっぱいの満足感と少しの名残惜しさを抱いている時間に、そっと。

だから、「神様時間止めて このままキスさせて」と歌う氏の声に、それまで一緒に過ごした時間を重ね胸を詰まらせる。フロアで聴くこの曲は、単なる「君」と「僕」しかいない甘いラヴソングというより、もっと広くてすてきな思いがにじんで聞こえる気さえするのだ。(もちろん、「君と僕の愛の歌」として聴いても、顔がふにゃふにゃになって戻らないくらい直球で甘い)。リリースからはや17年、長く歌われ続ける曲には、時に不思議な力が宿る。すてきじゃない。

■iTS:世界を止めて / THE COLLECTORS

永遠の年齢不詳、ヒロト&マーシーのクロマニヨンズ。当たり前のように新作アルバムをリリース。
何故か既にYoutubeに音源が上がっていたので、そりゃ気付いてしまったからには聴いちゃうんだけれど(でも、買うけどね)、もはやラモーンズの領域ですね。

先行シングルのタイトルなんて、「オートバイと革ジャンパーとカレー」。好きなものをただ並べただけだろう、なんていう突っ込みする気ももはや起こらない。マーシーがカレーを口に出すということは、もうそれだけで名曲に間違いはないのだ。




Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ABOUT THIS BLOG

アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Landed(live) / Laika Came Back
    nick
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    あおき
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    ニッチ
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • If it's good for me / Stars And Sons
    あおき
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    yori
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    Sani

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM