Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
愛でぬりつぶせ / The Birthday
「バースデイにThe Birthday! 」

何年か前にイワホリがそう騒いでいて、なんだかうらやましいなあと思っていたら我が身にも!エゾのときにテントで聴いて「わ、これいいね?」と言っていた新曲が昨日リリース。チバにお祝いしてもらおうと思って(勝手に)ちゃんとリリース当日に買いにいきました。

The Birthdayってあんまりきちんと向き合って聴いてなかったんだけど、この曲はなんだかびっくりするほどストレートなギターロックなのに驚いたのでした。しかもさ、あのチバがさ、「あの娘を/お前を/この星を/愛でぬりつぶせ」なんて歌うんだもの。この1年は彼の仰るとおりに、いろいろ塗りつぶしていきたいと思います。ええ。

■iTS:愛でぬりつぶせ /The Birthday The Birthday - 愛でぬりつぶせ - Single - 愛でぬりつぶせ

| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
Rollin' Rollin' / 七尾旅人×やけのはら


"21世紀の「今夜はブギーバック」"とyoutubeの説明欄に書かれてましたが、まさに。Rawlife以降を代表するDJ/トラックメイカーやけのはらと、七尾旅人の、奇跡のような出会い。このメロウさは、東京中、日本中のダンスフロアで、夜が明ける直前の寂しさと暖かさの入り交じった瞬間を、永遠に変える力が宿っている。



七尾旅人 × やけのはら - Rollin' Rollin'七尾旅人 × やけのはら - Rollin' Rollin'
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
君は太陽 / スピッツ


「理想の世界じゃないけど、大丈夫そうなんです」


スピッツの新曲がひさびさにクリティカルヒット。いや、正確には冒頭のたった一言に撃ち抜かれたと言ってもいい。「せーのっ!」ってかけ声が聴こえそうなイントロの瞬発力も印象的だし、ギターポップ・マナーに乗っ取ったキラキラとしたリフもすてきだし、がっしりとコシのあるベースのフレーズも心地良いし、いつもよりちょっと華やかな印象を残すドラミングもかわいらしい。

でも、この爽やかなサウンドに乗せてさらりとこんな事を言ってのけるマサムネ氏に身震いがする。あまりにも正直というか素直というか、あるいは研ぎ澄まされているというか。無邪気に夢を追うのではない、幻にすがったりもしない。彼らがこんなに長く、幅広い層に愛され続けているのは、口先だけの甘言を歌ったりしないからだろうな。これからも、どうぞよろしく。

■YouTube: 君は太陽 / スピッツ
■iTS: 君は太陽 / スピッツ スピッツ - 君は太陽 - Single - 君は太陽
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
heavy talk / dogtanion
dogtanionという、イギリスのアーティスト。
最近出た'heavy talk'というシングルがよいです。個人的に「海藻ポップ」と呼んでいる、草食系男子の作るちょっとトロピカルなポップチューン。そう、Desmond & the Tutusやwave machinesあたりを思い浮かべてもらえばいいかな。iTunesがお求め安いです。

Dogtanion - The First Split - Heavy Talkheavy talk / dogtanion


で、この人の面白いところは、現在多くのアーティストの情報発信口となっている、MySpaceやFacebookの更新をこの春にすぱっとやめているところ。
'Leaving Myspace'とタイトルの付けられた最後のポストには「Bye bye web 2.0!」という文字が誇らしげに。
勿論こうしてデジタル・リリースされてたり、Drowned in Soundのシングル・オブ・ザ・ウィークに選ばれていたりとか、しっかりウェブメディアの恩恵には預かっているわけで、要は自分のコントロール出来る範囲でウェブ上の情報をコントロールしようということなのかな。
今回のシングルのリリース元もTapeclubというレーベルで、その名の通りリリースの大半が少数のカセットテープによるものという所だから、まぁ、要は相当のひねくれ者ってことは確かです。そしてそういう人間、案外嫌いじゃないです。気になった方は彼のウェブサイトを。

http://www.dekersaint.co.uk/
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
the Beaches
待望の3rdアルバム「Hi Heel ハイヒール」発売間近!のビーチズが、6月に行われたライブ音源を配信でリリース!
ニューアルバムの曲もがっつり入ってます。楽しみ。


THE BEACHES - 20090621@Shimokitazawa GARDEN「20090621@Shimokitazawa GARDEN」

1. Furati
2.Police&Girls &Boys
3.Midara
4.wikiwiki
5.chaka chaka diva
6.RIGHT HER RIGHT NOW
7.SUNSET SUNRISE

EN. BANKROBBER

そして、元Pealoutの伝説的ドラマー、現Harrisの高橋さんのネット・ラジオにヒサシさんがゲスト出演!弾き語りも披露。
高円寺で毎月開催されている、高橋さん主催の弾き語りイベント"High Fidelity"にも来月出演するみたい。勿論、イベント名はニック・ホーンビィの小説から。クラッシュ好きなところといい、ホント、高橋さんって他人の気がしない。

http://shimokitaonline.jp/

高橋浩司(HARISS)presents"HIGH FIDELITY"vol.5
8/19(wed)@高円寺HIGH
open19:00 / start19:30
adv¥3.000(+1drink) / door¥3.300(+1drink)
LIVE:坂井竜二(the ARROWS) / ヒサシ the KID(THE BEACHES) /
gonvut(ゴンダタケシ[GRiP]+高木フトシ[vez]) /
advantage Lucy (ふたりルーシー)
DJ:高橋浩司(HARISS) / ハタユウスケ(cruyff in the bedroom)
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
思い出のアルバム / 曽我部恵一バンド、二階堂和美
先日、音源化されたらいいなー、なんて書いてた日産セレナのCMソング「思い出のアルバム」ソカバンバージョン、なんとiTSで発売されてました!これぞ配信の醍醐味かしら。しかしソカバン、1st以上に飛ばしてるなー。



曽我部恵一BAND - 思い出のアルバム - Single - 思い出のアルバム曽我部恵一BAND - 思い出のアルバム


iTSで検索したら、二階堂和美さんもカヴァーしてました。
こちらはしっとりとした独唱。思い出を噛みしめたい人は、こっちでかな。
二階堂和美 - ニカセトラ - 思い出のアルバム二階堂和美 - 思い出のアルバム
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
五月になると彼女は / 曽我部恵一
ごーごー、ごがつになるっとー!

タイトルを見て、一瞬でもサイモン&ガーファンクルを想起したひと、残念でした! 朝イチシャッフルで流れて来た瞬間、流石うちのiPodさんは話がわかる、とニンマリ。いまさらあらためてご紹介するまでもない、昨年リリースされたソカバン1st、4トラック目が今日のテーマソング。

毎日毎日、午後になると長袖で家を出た時分を呪うこの季節にぴったりの、シンプルでやんちゃなロックンロールナンバー。40に手が届こうとしている3児の父を「やんちゃ」なんて形容するのはどうかと思うけれど、それ以外にないよね。うつくしい蝶であり、けだかき薔薇であり、あおいめの猫でもある彼女に振り回されっぱなしだけど、もうすっかり夢中なんだろ。そのまんまアウトロになだれ込んで、遠慮の欠片もなく大胆に“Johnny be Good”を引用して、高らかなシンガロングを響かせる2分6秒。ああもう、たまんないです。

iTS: 五月になると彼女は / 曽我部恵一 曽我部恵一BAND - キラキラ! - 五月になると彼女は

| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
When Life Gives Me Lemons I Make Lemonade / the boy least likely to
リリースは3月のことですっかり紹介し忘れていましたが、5月には国内盤も出るようなので(前作も含め、iTSでも購入できます)、改めて。

イギリスのデュオ、ザ・ボーイ・リースト・ライクリー・トゥの2ndアルバム「the law of the playground」がすんばらしい。
ジャケットやPV、ホームページで見られるゆるかわなあみぐるみやイラストの可愛さと、むさい(失礼!)男子二人というルックスのギャップが何とも言えないのですが、奏でる音もまた、ルックスを彷彿とさせない、超のつくポップ・ソング。アメリカのバンドだと言われても違和感のないカントリー・マナーの楽曲に、絶妙な匙加減で入れられるシンセに、グロッケンやトイ・ピアノといったファニーな上もの、そして軽快なハンド・クラップ&ナイスハーモニー。最近で言えばノア・アンド・ザ・ホエールズやベン・リーの新作にも通じる、オルタナ経由でありながら万人受けするポップ感。あとは、レンタルズなんかにも通じるとことろがあるかも。とりたてて革新性のある音では無いですが、だからこそ耳に、こころに、身体にフィットする、片時とて手放したくない空色のブランケットのような楽曲達。レディオヘッドが夏のツアーの後でまたニューアルバムの発表でもしない限り、個人的ベスト・アルバム。




The Boy Least Likely To - The Law of the PlaygroundThe Boy Least Likely To - The Law of the Playground
the boy least likely to - myspace
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
Potato / SPECIAL OTHERS


先日、「マクドナルドのポテトフライヤータイマー、どっちで拍を取るか?」という話題でひとしきり議論を交わしたことがありました。「タララ(ん)♪」か、「(ん)タララ♪」か、と。個人的には「(ん)タララ♪」とバックビートに乗っかる派だったのですが、いかんせん異なるビート感を持つ人にはわかってもらえないんだよなぁ、なんて嘆息しておったのですが。

スペアザのニューアルバム『PB』、トラック7を聴いてひっくり返る羽目に。タララ♪がメインのリフて!タイトル"Potato"て! 冗談みたいなアイディアから、ここまでイメージを膨らませて楽曲が成立するのも、経験値の高いジャムバンドならではの芸当です。

しかし、彼らが「タララ(ん)♪」派だったのが残念な限り。みなさんはいかがです?(試聴する前に頭の中で鳴らしてみて!)

iTS: Potato / SPECIAL OTHERSSPECIAL OTHERS - PB - Potato
Excite Bit: マクドナルドの気になる「あの音」
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
Re-Re-サラウンド / クラムボン


6月にリリースされる、二作目のリミックス・アルバム『Re-clammbon2』からの先行発表+カルアミルクの6曲が、iTS Exclusive EPとしてリリースされました。

なかでも“サラウンド”は二度目のセルフ・リメイク。2001年のシングルは跳ねるピアノと街場から空まで一気に駆け上るストリングスが爽快なポップチューン、2002年『Re-clammbon』ではウッドベースとシャッフルするスネアが、ぐっとオトナっぽい印象を残す。そして、今回は成層圏よりさらに上空を行くミニマムで柔らかなエレクトロ。

それぞれの時代におけるベストアレンジであることは間違いなく。トラックだけ聴くとまったく別のアーティストに聴こえるけれど、どうしたってクラムボンなのはやっぱりいくこちゃんの声の魅力だよなあ。

なんて夜中にほんわり聴いていたら、あまりに突拍子もないところで曲が終わっていて斬新すぎるアレンジにポカーンとしていたら、さきほどミトくんからアナウンスが。
先日からiTunes Storeにて配信されている『Re-clammbon e.p.』、
その2曲目に入っている「Re-Re-サラウンド」の音源が途中で切れてしまっていることが先ほど判明しました。
本来であればトータル・タイム「7分」(もしくは「6分59秒」)までの音源が、
なぜか「4分15秒」までしかダウンロードされない状態になっています。

iTunes Store配信『Re-clammbon e.p.』での不手際について

あ、やっぱり。
というわけで、お薦めしておきながらなんなのですが、購入はもうちょっとだけお待ちを。これ、交換してもらえるのかなあ…。

追記:4/9 17:00付で、正しい音源に置き換わったとのアナウンスがありました。ほっ。

過去二作もあわせてどうぞ。
■iTS: サラウンド / クラムボンクラムボン - サラウンド - EP - サラウンド
■iTS: Re-サラウンド / クラムボンクラムボン - Re-clammbon
■iTS: Re-Re-サラウンド / クラムボンクラムボン - Re-clammbon - EP - Re-Re-サラウンド
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED