Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
<< リリー・フランキー&福岡耕造 / ビートルズへの旅 | main | Mistress Mabel / The Fratellis >>
Live without Electricity / 黒沢健一


「Hello 僕はここにいるよ 持ちきれない夢抱えて
 Hello 変わらない思いを 何も言わずに抱きしめる」

ステージのセンターにスタンドマイクがひとつ。ギターを弾く時もブームタイプではなくストレートのスタンドなのは、きっとロックンロールの先人に対する敬意の表れで。ぎっしりと埋まった客席に向かい、ピンスポットを浴びながら「僕はここにいるよ」と歌う姿に、心底幸せな気分になる。黒沢健一 TOUR without electricity 2008初日、横浜赤レンガ倉庫ホールでのひと幕でした。

「歌のうまいヴォーカリスト」とか「自分の想いを伝えるべくして歌を歌うひと」とか「決してうまくはないけどなぜだか心に残る歌い手」とか、いろんなタイプのうたうたいが世の中にはいますが、健ちゃんは「歌を歌うために生まれてきた」と勝手に断定したくなるような、それほどに音楽の神様に愛されているヴォーカリストだと思う。L-Rの頃からライヴのよさには定評があったけど、昨年末からのアコギ+ピアノの最小編成で奏でられる歌の美しさと力強さは、またちょっとレベルが違う。ああ、どこまで進化するんだろう、この人は。

決して大きくはないからだのどこから、あんなに朗々とした声が生まれるのか。古き良き時代のロックンロールの薫陶を十分に受けた歌い回しとシャウト、ポップス黄金期のセオリーに則った甘いメロディ、どこをとっても非の打ち所がない。アンコールの一番最後を飾ったGod Only Knowsのがホールの残響に消えていった一瞬が、一夜明けても耳に焼き付いて離れないのです。

昨年末のライヴをパッケージしたライヴアルバムが、6/4に発売。これから全国をめぐるツアー会場でも順次先行販売されるそう。できることならば生の彼を見てほしいけれど、この音源でもじゅうぶんにすごさを感じられると思います。うん。

■黒沢健一 オフィシャルサイト
■iTS : 黒沢健一
| iTS | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.exhivision.net/trackback/919146
トラックバック
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED