Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
<< AOKI's Killer Tune | main | Exhivision's Killer Tune - crosstalk002 >>
IWAHOLI's Killer Tune
昨日のアオキ的キラーチューンに倣って、
私めのキラーチューン・10曲をリストアップしつつ、
自分的キラーチューンの再定義をしていこうかと思います。


She Loves You / The Beatles
My Generation / The Who
A Shot In The Dark / Roland Alfonso
Miracles / Jackson Sisters
Smells Like Teen Spirit / Nirvana
はいからはくち / はっぴぃえんど
キャンディ・ハウス / thee michelle gun elephant
ダンスナンバー / the Blue Hearts
グッドバイ / the High-Lows
クロマニヨン・ストンプ / ザ・クロマニヨンズ


うーん、クロマニヨンズ以外は、期せずして
全部13-16才の間に初めて聴いた曲になってしまった。
まぁ偶然なんだけど、あえてこのままにしたのは
やはり、時代やムードに関係なく突き刺さる、
強度の高さがキラーチューンのキラーたる所以かなと。


あと、キラーチューンはあくまで"tune"であって"Song"ではない、
ていうのも一つの選別ポイントになってます。
例えばはっぴいえんどは、作詞家ではなくドラマーとしての
松本隆さんの凄さに震えるし、
ハイロウズなら、「14才」とか「千年メダル」とか、
ミッシェルなら「ダニー・ゴー」とか、ここに挙げた曲以上に
いい曲だなと思う曲は数多くあるのだけれど、そこらへんは
「アンセム」って呼んだ方がしっくり来るかなと。

キラーチューンには、カサノバというか乱痴気というか、
いい意味で無責任な、好き勝手な匂いが相応しい。
何も背負ってくれないし、期待もおかまい無しな、
頭空っぽにして、ただ音に反応して楽しめればそれでいい。
「音楽は心で聴くものだ」なんて温い感傷は
キラーチューンには似合わない。耳で、体で反応しなきゃね。


もうちょっと具体例を挙げてみると、
アンダーワールドだと"Born Slippy"はアンセムで、"Morner"はキラーチューン。ピチカートだと"メッセージ・ソング"はアンセムで、"ツウィッギー"はキラーチューン、みたいな。なんとなく感じ、分かる?


次回はアオキ×イワホリのクロストークにて、
更にディープに、キラーチューン論を掘り下げて行きます!
| exhivision | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.exhivision.net/trackback/627812
トラックバック
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED