Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
<< what`s the time summer of love? / Sugiurumn | main | THE FORCE OF EXOTIC - EP / INO hidefumi >>
what`s the time summer of love? / Sugiurumn


Sugiurumn / What`s The Time Summer Of Love?


まず何にも先んじて、曲の長さについて触れなければならない。
僕は最初このアルバムをiTSで購入したのだが、DJ用にいざCD-Rに焼こうとしたら「一枚のディスクには収まりません」ときた。アホか。

まぁダンス・ミュージックのレコードといえば、普通は曲単位の12インチリリースが基本だし、ミックスしやすいようにイントロとアウトロはキックの4分音符が続くことが多いから、尺が長くなるのは仕方ない。しかしダンス畑のアーティストでも、アルバムやラジオOA用に短くエディットしたヴァージョンを作ることはそう珍しくないことだし、もうじきリリースされるシミアン・モバイル・ディスコ(SMD)の1stアルバムは、トータル40分にも満たないという。奇しくもSMDもスギウラムも、ロックバンドから自分のキャリアをスタートしているが、この2組のアルバムに対するアプローチは、実に対照的だ。

SMDは、自身がプロディースも手がけているクラクソンズやアークティック・モンキーズのように、3分間のポップ・ソングという形の中に、先鋭的な音とリズムを圧縮してしてぶち込んでいる。
一方のスギウラムは、あくまでハウス・ミュージックというスタイルのまま、ベッドルームやiPodをそのままダンス・フロアの空気に染めようとしているのだ。
このトラックの長さは、「ロックの人間が片手間でハウスをやってるとは思われたくない」というオブセッションを抱え、流行りのロック的展開のダンス・トラックに安易に走ることを自ら禁じ手とし、
自らの道を求め続けた結果、2年以上前に作った曲がヨーロッパでスマッシュ・ヒットするという、まさに「周回遅れのトップランナー」となったスギウラムの、誇りと男気の結晶以外の何者でもない。

クリエイションの総帥・アランマッギーやシャーラタンズのティム・バージェスらの参加は確かにニュースだが、それはこのアルバムの本質ではない。
かつて自身のバンドのベスト盤に「ワースト・バンド・イン・ザ・ワールド」と名付けた男が、青の時代の憧れ達を自信を持って迎え放つ、今、ここで鳴るべきダンス・ミュージックの傑作。
| cross review | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.exhivision.net/trackback/578727
トラックバック
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED