□□□ってほんと、次から次へと新しいところに踏み込んでいくなあ。

2/23にリリースされる新譜より、先行シングル的にヴィデオが公開されました。耳で聴く音に、まったく違うイメージを与えなおす映像。「たましい」をそう表すのか、とか。日本語の表記ってほんとうにゆたかだ。

こういう作品を見ると、今年の文化庁メディア芸術祭、エンターテインメント部門優秀賞に選ばれたMVが、サカナクションの「アルクアラウンド」とamazarashiの「夏を待っていました」の二作品だったのは、なかなか象徴的に思えてしまう。どちらも映像の中におけるタイポグラフィの重要度がとても高く、ふたつの作品が並べて展示されているのを見て、これからもっと音楽の中の「言葉」は自由に表現されるようになるのかも、なんて思った矢先だったので。

この曲からうける印象からすると、フィールドレコーディングが前面に押し出された前作とはまた全然違った手触りのアルバムになってそうだな。リリースが楽しみ。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

ABOUT THIS BLOG

アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    あおき
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    ニッチ
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • If it's good for me / Stars And Sons
    あおき
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    yori
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    Sani
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM