Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
<< マービン / みなしごオルケスタ | main | GroundDisco / PaperBagLunchbox >>
GroundDisco / PaperBagLunchbox
http://www.pbl.jp/grounddisco.html


Paper Bag Lunchbox、待望の、そして正真正銘のニュー・アルバム。
一曲目から丁寧に再生をしていき、6曲目"月のまばたき"が終わる頃、突然呟かれるメッセージ。だいたいこんな感じ。


「ぼくらは、アナログレコードをリアルタイムで知っている世代ではないけれど、このCDは、レコードのA面とB面という括りを意識して作られています。A面は、ここまでです。一度立ち上がって、針を上げ、レコードを裏返す事をしていたように、ここでもう一杯コーヒーや紅茶を入れたり、窓を開けたり、空を見上げたりして、一息入れてリフレッシュして下さい。そしてもう一度ゆったりとくつろげるような椅子に座りながら、もしくはもう一度ヘッドフォンを付け直して、続きを聴いて下さい。ここから、B面です。」


そう、PBLの音楽を聴く時に僕は、ちょっとだけ緊張する。重厚で奥行き深いキーボードの音像と、時に艶っぽく、時に突き刺さるようなヴォーカルは、非常にキャッチーであると同時に、文字通り耳を捕らえて離さない。故に、朝から室内に籠って作業していて、ふと窓の外を見たら真っ暗だったときのような感じを覚えたりもするのだ。ので、このメッセージを聴いたときはちょっと笑いながら、言われるがままに一時停止ボタンを押して、お湯を沸かしに行きました。


という効果も手伝ってか、音の強度は格段に増しながらも、非常に聴きやすい、そして開けた印象が。特にB面。A面が深海の中に沈められた宝石の煌めきを掴み取るような感じなら、B面は雲一つ無い夜空に降り注ぐ流星群がこちらに歌いかけてくるような。グランジのような激しい歪みも、チルウェイヴと言っても差し支えない(でもそれを言っちゃぁおしまいよ)ような浮遊感も、ダンスミュージック(DJで繋げるー!)然とした跳ねるビートも、全ては聴き手に真っすぐに向けられている。2011年最初に聴いたフルアルバムにして、ずっと聴き続けたいと思えるアルバムに出会えた事に感謝。ホント、アナログ、作って欲しいなー。


| PaperBagLunchbox | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.exhivision.net/trackback/1414776
トラックバック
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED