当ブログオープン以来何度も繰り返すようで申し訳ありませんが、ほんっとにピアノの入ったロックバンドって大好き。しかも、トイボックス・クラッシャーぶりも甚だしい、無邪気に騒がしくてキラキラしててハッピーな若者たちが鳴らしているのだとしたらなおさら!

バンドアンサンブルの他にもごちゃごちゃたくさんの音が鳴ってるんだけど、すべての音がもれなくピースフル。ひっくり返ってかすれ気味なハイトーンさえ愛おしい。クラシックとクリスマス・ソング以外で、チューブラー・ベルの音色が平気な顔してる曲ってそうそうないよ。秀逸なポップソングの懐の深さたるや。

しかしこの手のバンドって、なんでこうも微妙なセンスのビデオを作るのか(ほめてます)。



「森に行ってセッションしたよ」バージョンも好き。ブレアウイッチプロジェクトみたいだけど。



家に帰って聴きながら、じっくりライナーだのオビだの読んでたら「Manic Street Preachers, Ash, Idlewildなどを手がけたDave Eringaをプロデューサーに迎え…」って書いてあってひっくりかえった。バンドにおけるプロデューサーの立ち位置って様々だけど、こうもピンポイントを突かれるとぞくりとするわ。

■Sons And Stars

Comment
前に記事をアップされていたのですね!
「アンジェラ・アキな彼」には笑ってしまいました(笑)
  • Sani
  • 2010/12/07 22:24
Saniさん、こんにちは。

ああ、goot! アンジェラ・アキな彼!
http://journal.exhivision.net/?eid=805843

…久しぶりにサイトみたら髪切ってふつうになってた(笑)。
カヴァーアルバム出してるの知らなかったです、聴いてみます。
  • あおき
  • 2010/12/07 11:27
こんばんは。
メロディ、声、サウンド、どれも絶妙で堪りませんね〜。こういうの好きです。
森のセッションバージョンも味があって良いですね。ブレアウィッチ思い出しました。

ちょっと系統は違いますが、ピアノという共通点で、GOOTっていうアーティストはご存じですか?
カバーアルバムを出しているのですが、Back Street Boysや坂本九さん(Sukiyaki)のカバーが切なくて良い感じなので、良かったらチェックしてみてください。
  • Sani
  • 2010/12/06 22:25





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ABOUT THIS BLOG

アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Landed(live) / Laika Came Back
    nick
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    あおき
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    ニッチ
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • If it's good for me / Stars And Sons
    あおき
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    yori
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    Sani

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM