Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
<< ICHIBAN-BABY-BURN!!! / Ash Special Site | main | Concert From Washington, D.C. / Jonsi >>
ASH at 恵比寿Liquidroom
キャリアの長いバンドのライヴに出かけて「あの曲やらなかった、これもそれも」なんていうのはあんまりカッコいいことじゃない。でも、多くの場合それは「自分の思い入れ深い古い楽曲がすでに新しい曲に置き換えられている」状態を示すのだけど。まさか逆のパターンでもんやりとするとは思わなかった。ASH、来日公演の二日目である恵比寿LIQUID ROOMに行ってまいりました。

「もんやりした」と言いつつ、ライヴそのものはほんとうにエネルギッシュで素晴らしいステージだった。直前になってサポート・ギタリストのラッたん(カワイコちゃん枠)が体調不良によりキャンセルというショックな出来事もあったけれど、もみくちゃにされて拳振り上げて、アニキたちにおもいっきり遊んでもらったような充実感でいっぱい。

最終的には運良くティム前3列目にまで滑り込んで、前方にいるのがすべて身長150cm台の女子だったので、彼のギターのバカテクっぷりを満喫できたのもまた嬉しい。珍しくフライングVじゃなかった。白いSGとゴールド(ゴールド!)のセミアコ。いろいろ細部を思い出すに、True Love1980で照明がずっとピンクだったのがいちばん記憶に鮮やかだ。ティムの目って照明越しに見ると綺麗な緑色なのなー、とじっと顔見てたらサビんとこで目があって微笑まれた!(とか言わせて、今夜くらいは)

つまりはAtoZを聴きまくっていたこの週末で「あれも聴きたいこの曲もやってほしいなリリースされたばっかりなんだから!」という思いが高まりすぎただけなんです、個人的に。だってあんなええカッコしいのフィナーレを飾った曲は聴きたいじゃない。つま弾くリフが4小節で爆発するような曲も聴きたいじゃない。前回ツアーであれほど盛り上がった"I Stared A Fire"だって聴きたかった!(わがままをこじらせています)

「アンセムばっかりやりやがって…」と毒づくふりをしつつやっぱりとても嬉しい曲達。何百、いや千を越えるだろう回数演奏しているはずの "Girl From Mars" や "Burn Baby Burn" のイントロを、どうして彼らはあんなに得意げな顔して奏でて、そしてそれがあんなに瑞々しく響くのか考えてみたりもする。きっと彼らにとっては、できたてほやほやの楽曲も、長くオーディエンスに愛されてきた曲もぜんぶ並列に愛おしいんだろう。手元にある「1997」に収録された "Girl From Mars" を聴いて、その声の幼さにニヤリとしながらそんな事を思った次第。

いまいちばんの心配は、明日の朝ベッドから起き上がれるかという一点のみ。どうも我を忘れてしまっていかん…。
Arcadia / Girl From Mars / Embers / A Life Less Ordinary / Goldfinger / A True Love 1980 / Walking Barefoot / Shining Light / Sky Burial / Oh Yeah / Kung Fu / Carnal Love / Orpheus / Return of White Rabbit
encore: Lose Control / Unlce Pat / Kamakura / Burn Baby Burn

追伸:
実はAtoZの楽曲を演るたびに、先般のAtoZドラフト会議のこと思い出してニヤニヤしてた。ASHへの思いの丈を満載したこちらもあわせてどうぞ。
ICHIBAN-BABY-BURN http://www.exhivision.net/ASH
| live/fes report | permalink | comments(8) | trackbacks(0) |
コメント
yoriさん:

ICHIBAN BABY BURN、お読みいただきありがとうございます。
たぶん違うメンバ/違う日にやったら全然変わるんでしょうねえ。
きっと"NEON"はもっと早く取るだろうし(笑)。

「全公演見られるわけじゃないんだから!」と自分に言い聞かせつつ、
やっぱりほかの場所が気になっちゃうのですよねえ。
Carnal Love、よかったです!(鬼)もちろん古い曲たちも。

ティム男、じわじわと流行らせたいと思ってるのでぜひご利用ください。
最初は何の気なしに言ったのですが、妙に似合ってると思いません?
| あおき | 2010/12/04 9:23 AM |
ICHIBAN BABY BURN楽しく読ませていただきました!
ありがとうございます〜

「NEON」は結構好きな曲なので、私は最後まで残さないなとか自分もやっているつもりになって読んでいました。

ASHのいじり具合と、ティム男っていうのが面白かったです(笑)

私は東京公演の1日目に行ったのですが、それ以外の公演はみんな「Carnal Love」をやったみたいなので、ひどい〜〜って思いました。。Dionysianも見れず・・涙
でもライヴ自体はとても満足で、とにかく楽しかった〜!
昔の曲は昔の曲で、とっても嬉しかったです

| yori | 2010/12/03 8:06 PM |
Saniさん:
わーい、お返事ありがとうございます。

2日目の開演前にオフィシャルのtwitterアカウントで「セットリスト変えるけどなんかある?」って訊くから「Dionisian Urge!」って答えたのにあの日はやらなくて、その次の日以降全公演やってるんですよね。…ティム男のばかー!

クロスト−ク&ドラフト会議も楽しんでいただけて嬉しいです。
ホント、やってるこっちが一番楽しい時間でした。
先ほど最終回もう更新しましたので、ぜひご覧ください。

(そしてタレコミありがとうございます。
 こっそりなおしておきました!)
| あおき | 2010/11/30 10:41 PM |
度々失礼します。

Dionisian Urge聴きたかった!あのギターリフは反則ですよね。

A to Zドラフト会議、楽しく読ませていただいてます。
ほんとに、ASHへの愛に溢れた企画ですね。
これまでのクロストークも一気読みしてしまいました(^^)

細かいことなのですが…、5巡目のイワホリさんの指名はおそらく「F」だと思うのですが、
「S」と表記されていますよー。
| Sani | 2010/11/29 11:35 PM |
Saniさん:
こんにちは、コメントありがとうございます!

そうそう、「贅沢な苦悩」なんですよねー。
過去も現在も本当に素晴らしい曲ばかりなんだもん。

でも、やっぱり
「名古屋はGirl From Marsに代えてDionisian Urgeだった」とか
見ちゃうと「バカーっ!」て言いたくなる(笑)。
| あおき | 2010/11/28 11:06 AM |
初めてコメントさせて頂きます。
自分も同感です。
これまでの名曲ももちろん聴きたいのだけれど、
新曲も同じくらい、いやそれ以上に聴きたい!と思わせてくれました。
こんな贅沢な苦悩を与えてくれるバンドは希少だと思いました。

来年も来日してくれるといいですね!
| Sani | 2010/11/28 12:18 AM |
おお、ここにも賛同者が!

そうそう、「AtoZ全曲再現ライヴ」でよかったとさえ思っちゃう(笑)。
かといって自分が目にしたステージが
「いつもの曲ばっかりで退屈」ってわけでもないのが、
「ティム男のバカ!」と吠えたくなる乙女心なのです(笑)。
| eri | 2010/11/24 12:57 PM |
初めまして、自分も昨日行ったのですが、まったく同感でした!
greatest hits的選曲も悪くはなかったのですが、
2週間おきに1曲づつなんて、本当に革新的で楽しいことを
やってくれたバンドなので、昔の曲はまったくやらずに、A-Zまで、
26曲を淡々と順番でやってくれるようなライブ、、、を期待していました。
特に、Embersとかが素晴らしかったばかりに、、、
| donuts | 2010/11/24 11:22 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.exhivision.net/trackback/1414743
トラックバック
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED