Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
<< ASH AtoZ vol.1 Release! - crosstalk 009 | main | Anemone "Whirlwind" / OLDE WORLDE >>
Tomorrow / THE JETZEJOHNSON


ザ・ジェッジジョンソン、メジャー初のシングルはとっておきのエレクトロ・ポップチューン。「エレクトロ」で「ポップ」というと、高音域がキラキラとした深夜のダンスフロア映えしそうなイメージが強いけれどあにはからんや。パキリと張りの良い音像から浮かぶはすこやかに晴れ渡った青空。つくりものではない、あたたかで心を鼓舞する力強い光。前作では「陽のあたる場所へ/走っていけ/進んでいけ!」と光を切望する言葉をくちにしていた彼らが、自らの翼で青空に飛び立ったような、そんな印象を受けた。高く低く空を滑空する、バーズ・アイ・ビューな2曲。

じゅにあ氏のヴォーカル、また大きくスタイルが変わった。かつてあった硬質で神経質な響きはすっかり影をひそめて、ハイトーンで伸びゆく声は甘やかでちょうかわいい。それにしても、さっきかんたんに「エレクトロ」という形容を使ったけれど、打ち込みでもバンドサウンドでもない、まさに両者が溶け合ったような情報量の多いサウンドに圧倒される。ベースやドラムでさえどこまでが生身の音なのか判別できない。どっしりとかまえるリズムセクションも、軽やかに跳ね回るフレーズも、ひとつひとつが非常に精緻に練られた配置で鳴らされてることがよくわかる。

いや、これ、ほんとライヴではどうなっちゃうんだろう。「作ったは良いけど、ステージでは鳴らせませーん」なんて彼らが言うわけないからね。あんまりスケジュール発表されないので気になってるんだけど。そして、地続きであろう5月リリースのアルバムもあわせて、ほんとうに楽しみ。それまではヘッドフォンから耳にねじ込まれる感覚を楽しむ。さ、ジェッジ番の面目躍如な季節がやってきましたよ。

■THE JETZEJOHNSON: official site
■iTS: Tomorrow / THE JETZEJOHNSON ザ・ジェッジジョンソン - Tomorrow - Single - Tomorrow
| THE JETZEJOHNSON | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.exhivision.net/trackback/1364681
トラックバック
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED