先日も書きましたが、Turntable Films、すごく良いです。
アルバム「Parables of Fe-fum」は、洋楽インディーと共振する日本のバンドが増えてきた昨今においても、ありそうでなかった一枚。

http://www.myspace.com/turntablefilms



クラスヌのDJでもある田中亮太氏によるオフィシャル・レビューの言葉を借りるなら「京都のノア・アンド・ザ・ホエール」。他に名前を挙げるならばthe boy least likely toや、lightspeed chanmpionといった、北米インディバンドに影響を受けたいわゆるアンタイ・フォーク勢に通じる、フォークやカントリーテイストのポップス。洋楽インディー・ロックを彷彿とさせる日本のバンドというと、エレクトロやニュー・レイヴ風か、ギターロックのバンドはすぐに浮かぶけれど、こういった路線のバンドはなかなかいないんじゃないでしょうか。しかもそれを今狙って出しているというよりは、ただ好きな音を自然に出そうとしているだけのような。そこがまた凄い。

アルバムは勿論なのですが、JetsetやFlake recordといったレコードショップの購入特典として制作された、四曲入りのデモCD-Rが、これまた凄い。ヴォーカル井上陽介氏による弾き語りスタイルで録音されたのは、HANDSOMEBOY TECHNIQUE、DANIEL JOHNSTON、BADLY DRAWN BOY、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTという4組のカヴァー。HANDSOMEBOYはレーベル・メイトだし、ダニエル・ジョンストンやBDBはまぁ違和感がないというかすんなり頷けるチョイスだけれど、まさかのミッシェル。しかも「カーテン」という、ミッシェルファンの中でもレア曲ともいえる、ミドルテンポのオルタナ・チューン。深めにリヴァーヴのかかった、シューゲイズっぽい感じのアレンジで歌われているのだけれど、かなり新鮮な響き。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ABOUT THIS BLOG

アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Landed(live) / Laika Came Back
    nick
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    あおき
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    ニッチ
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • If it's good for me / Stars And Sons
    あおき
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    yori
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    Sani

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM