新年初アッシュ。一ティム二マーク三リック、とか言ったら怒られるかしら(誰に)。
というわけでシリーズGは元旦の太陽のように鮮やかな赤、ICHIBAN。

















すでにライブで披露され、youtubeなどでお馴染みになっていたこの曲ですが、改めて正規音源を聴くとやっぱ格好いい。すわ残響レコードかという轟音アンサンブルから一転、シャッフル感のあるギターカッティングが軽快に響くダンサブル・ロックンロール。シンガロング必至のコーラスといい、やはりライブで練り上げられた曲という感じ。次のシングル'Space Shot'もアグレッシブなナンバーだし、AtoZシリーズもここに来てギアを上げて来たかな。



Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ABOUT THIS BLOG

アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • Landed(live) / Laika Came Back
    nick
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    あおき
  • 「スガシカオは如何にして10年選手のミュージシャンとなったか」
    ニッチ
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • If it's good for me / Stars And Sons
    あおき
  • If it's good for me / Stars And Sons
    Sani
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    yori
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    あおき
  • ASH at 恵比寿Liquidroom
    Sani

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM