Tomorrow's Song

Add Some Music To Your Day.
<< Come Together / 土岐麻子 | main | On Your Mark / CHAGE&ASKA >>
ベース・マガジン 2009年2月号
先日のエントリのアオキrocketrecordsさんのように、すっかりモータウン・サウンドにご執心のあなたにお勧めな特集が、ベーシストの為のプレイヤーズ・マガジン、ベーマガことBass Magazineの最新号にありますです。



http://www.rittor-music.co.jp/hp/bm/
MOTOWN BASS Revisited!
ジェームス・ジェマーソンとモータウン・ベースの50年(付録CD対応)
祝! モータウン・レーベル創立50周年! というわけで、世界で最も多くのヒット曲を生み出した名門レーベルの全貌と、その音楽を根底から支えた最重要人物=ジェームス・ジェマーソンを大特集する! ジェマーソンと言えば、エレキ・ベース奏法の基礎を築き上げた偉人であり、メロディックに楽曲を彩るベース・アプローチはその後のすべての音楽(現在のJポップに至るまで!)に生かされている。つまり、ジェマーソンを知ることは我々ベーシストにとって必須課題。今回は、ジェマーソンとモータウンにまつわる、知っておきべき知識や軌跡をまとめたPart 1、付録CD連動でジェマーソン奏法を徹底的に、かつわかりやすく分析したPart 2という二部構成でお届けする。初心者から上級者まで、もしアナタが今後もベースを弾き続けていくならば、この特集は必読・必携です!



とのこと。諸説ありますが、ファンク・ブラザーズと呼ばれたバック・バンドの存在こそが、モータウン・サウンドの骨格であり醍醐味で、ジェマーソンのベースラインを、アメリカ・ツアーに出たビートルズのあの左利きが聴いていなければ、"タックスマン"やら"オブラディ・オブラダ"やらは生まれなかった(あの曲、モータウンとスカの融合っていう、物凄いことにトライしてたってことを考えると、ホントびびる。やっぱ、ポール、天才だよあんた)だろうし、かのリズムがこんなにも様々なポップソングに応用されることもなかったでしょう。ベーシスト以外も完全マストの一冊です。
| books/magazine | permalink | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.exhivision.net/trackback/1155737
トラックバック
ABOUT THIS BLOG
アナタの明日を彩るための音楽を、
ほぼ日刊で紹介していきます。

>>introduction

OUR DJ SCHEDULE
every 1st friday!
from England to me!
every 3rd saturday!(maybe)
technoscape live
OTHER CONTENTS

  * ライターとして参加しています。
SEARCH THIS SITE
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
WE ARE...
Extra Hi Vision = "EXHIVISION" !!!
exhivisionは、音楽を軸にして
幅広く活動する企画集団です。

とびきりの、高いビジョンを胸に
たのしいことを、お届けします。
http://www.exhivision.net
Awasete...
レコメンデーションエンジン
RSS FEED